ブログトップ | ログイン

きょうのこげ

kogeokoge.exblog.jp

2012年 10月 16日 ( 6 )

フファ〜。

d0195731_1253071.jpg

あくび中。
フレンチブルドッグひろば
by home_girl | 2012-10-16 12:53

ぐ〜ん。

d0195731_1252755.jpg

気持ち良さそうに伸びをするこんちゃん。
フレンチブルドッグひろば
by home_girl | 2012-10-16 12:52

そうそう、このお顔。

d0195731_11171461.jpg

機嫌が戻ったこんちゃん。
そうそう、このお顔。
ムッキーさんも可愛いけれど、こっちの方が可愛いよ。
フレンチブルドッグひろば


--------------------------------------------------------------------
備考

昨日、病院へ再診に。
私たちも日々感じていたが、先生にも「痛みは取れて来ているようですね」と言われる。
病院の待ち合いにいる時も、いつもの興味津々のこんちゃんに戻っていた。
ただ、安静はまだまだ必要とのことで、やっぱり”1ヶ月”はお散歩も興奮するような事も禁止。
14kgちょっとあった体重が、昨日測ったら13.6kgと減っていた。
やはり、ステロイドの副作用&安静にしている為、筋肉が落ちているそうだ。
お薬を飲んでから、食に執着するようになったので(楽しみがそれしかナイっていうのもある)、食事はいつもの8割程度+ちょこちょこオヤツや食後のフルーツををあげたりしていて、太っていないか心配したが、痩せていた。
先生に相談した所、筋肉が落ちた事でエネルギー消費は低下しているけれど、ご飯は9割程度あげても大丈夫と言われる。
背骨が曲がったように感じたのも、背骨周りのお肉や筋肉が落ちて浮き出てしまったからだそう。

胸のレントゲンと血液検査をした。
レントゲンでは、こんちゃんは胸椎の形がバラバラで腰椎のほうが揃っていた。胸椎は肋骨があるので、よっぽど変な力がかからない限り普通に触る程度では痛くなったりしないとの事。
骨の形成やお散歩時の状態を考えると、こんちゃんはカラーよりハーネスの方が適しているそう。
血液検査では、案の定肝臓のGPTとALPが高く、GPTは113、ALPは533。
GPTは今年4月のフィラリアの検査でも高く、フードを変えたら落ち着いた経緯あり。その時よりは低い値。ALPは初めて高くなったので、GPTも含めステロイドの影響が出ているようす。他はGGTが14、ギリギリ範囲内。あとは正常。

日常の様子を話したところ、「しっかりケアをされている方なので大丈夫ですよ」と言っていただき、安心する。
また、5日後に病院。
今回は、引き続き安静の指示のもと、ブレドニゾロン2.5mg(1錠の半分)とウルソ(肝臓を守るお薬)をそれぞれ5日分処方された。

----------------------------------------------------------------------

こんちゃんの状態:相変わらず多飲多尿ですが、痛みは取れているように感じ元気もあります。ご飯もムッシャリ食べています。
犬は全て我慢強いと思っていましたが、先生によると個体差があるようです(笑)。
本当に我慢強い子は痛みを全く見せず手遅れになってしまう場合もあるし、その逆でちょっとの事ですぐに痛がる子もいるらしい。飼い主的にはすぐに痛がってくれた方が解り易いなぁ〜と思った昨日でした。
by home_girl | 2012-10-16 12:51

ブラックこんちゃん。

d0195731_1191822.jpg

久々のブラックこんちゃん。ムッキーさんしています。
鬼のような形相です(笑)。
何でこんなお顔をしているのかというと、お顔のシワを拭かれたのが気に入らなかったらしい(&カメラ・汗)。
でも、拭いている間は怒る事無く我慢してくれます。
で、終わった途端にこのお顔。
怒ってるね〜、すんごく怒ってるよね〜(笑)。
お顔拭き、よく頑張りました。
フレンチブルドッグひろば
by home_girl | 2012-10-16 11:16

バッチャフィーリン。

d0195731_1053843.jpg

マットの上で、ものすご〜く落ち込むこんちゃん。
なんでハーネスやリードがそんなにイヤなのか・・・?
ノーリードではお散歩出来ないのにね。
フレンチブルドッグひろば
by home_girl | 2012-10-16 11:08

イヤなの・・・

d0195731_1052119.jpg

病院へ行く為、ハーネスを着けられたこんちゃん。
フレンチブルドッグひろば
by home_girl | 2012-10-16 10:52