ブログトップ | ログイン

きょうのこげ

kogeokoge.exblog.jp

2012年 10月 08日 ( 2 )

カメラはイヤ。

d0195731_16314617.jpg

「こんな時にカメラしやがって」なこんちゃん。
早く良くなるといいね。
フレンチブルドッグひろば
by home_girl | 2012-10-08 16:33

覚書。

10.06 sat
am5:00、Yの「こんちゃんが変!!」で起こされる。
こげを見ると息が荒く、座ったまま口を開け天上を見てハァハァと苦しそうにパンティング、時々目で何かを訴えてくる。
ヘルニアを疑う。金曜の夜、ソファーから降りた時にちょっといつもと違う感じがしていたので・・・でもその後普通に散歩に行っていたし・・・直接的な原因がワカラナイまま、以前かかった事のある夜間救急もしている病院へ電話し、状況を話して診てもらう事に。
仕度をしていると、こげがトボトボ歩いて寄って来た。歩ける事がわかる。
準備が整って家を出る時にこげを抱くと「キャイン」と大声で鳴いて痛がるので歩かせて駐車場へ向い、車に乗せる時に再び抱くと、また「キャイン」と大声で痛がった。
am5:45病院へ着き、いつもの抱え方と違う方法で抱いて車から降ろすと痛がらず歩いて病院へ。診察台に上げるときも、同様の抱き方をしたら痛がらなかった。
先生に金曜日の夜からの事を話す。触診されても痛がらず、ジーッと座っているが、パンティングしながらヨダレがポトポトと床に落ちる(この状態は痛い時などにするのだそう)。
ヘルニアだとMRIが有効で、レントゲンでは解り難いとの事だったが、レントゲンを撮ってもらう。案の定、これと言った原因は解らなかった。
MRIを希望する場合、他の病院を紹介するが、ただし全身麻酔が必要になってくるのでリスクを考えると歩行が正常な今はケージレスト&内服薬で様子を見た方が良いのではないかと言われ、賛同する(鼻ペチャ犬は麻酔のリスクが高い)。
痛み止めの注射(プレドニン)とプレドニゾロンを5日分処方してもらい、他病院へ再診に行く場合の書類も作っていただき、家へ帰る。
am9:00頃、やっと呼吸も落ち着き寝ていた。
たまに、寝返りをうつが、いつものようにはいかないようで、ポジションを何度も気にしたり、寝難そうにしていた。
この日はほとんど寝ていた。ご飯も水も飲まず、排泄もしなかったが、痛み止めの注射は効いているようだ。
夜、起きて来た時に身体を触ると左前脚の付け根が腫れているような気がして、翌日同病院へ電話することに。

10.07 sun
朝ご飯をほんの少し食べた。その後、薬を飲ませる。
いつものように寝ているが、1〜2回起き上がって来て、ちょっと伸びをしていたが、いつものようなグーン感はないので、きっとまだ痛いのだろう。
水を飲まないのに、大量のシッコをした。
午後、病院へ電話し、気になる事を伝えて再度病院へ行く。
車にも乗りたがらなかったが、病院へ着き車から降ろすと、近くの電柱でマーキング。これまた大量のシッコ。「片足あげてたよね!?」とYとビックリする。
待ち合いでは、いつもよりは控えめだが他の犬にも興味を示していた。
9歳のブリンドルのフレブルちゃんがいて、飼い主さんの「うちの子も昔ヘルニアになったけど、今は大丈夫よ」という話しを聞き、ちょっと緊張がホグレる。
前日とは違う先生だったが左前脚の付け根の腫れの事を話し触診してもらったら、痛い部分を庇って体重がかかり、そのせいで筋肉が盛り上がっているだけだろうと言われた。
そして今は歩行がしっかりしているのだから、絶対安静の方が良いとも言われ、薬が切れる5日後に再診することに。
二人でちょっと安心して病院を出る。
病院を出た途端、また電柱へシッコ。これまた大量でビックリ。水も飲んでいないのに、どこにそんな水分があるのか不思議だった。
夜ご飯はムッシャリ食べ、水も飲み、梨も食べ、シッコもした。
ただ、うんこが出ないのが心配。
夜中、ケージの水をがぶ飲み。その後、ちょっと息が荒くなったが、暫くしたら普通に寝ていた。

10.08 mon
朝、いつもの様に起き、控え目な伸びをしてベランダへ。
少し痛みがとれてきたのか?行動は普通に戻りつつある。
朝ご飯もムッシャリ食べ、シッコもして薬を飲んで今は寝ている。

今回の事で、フレンチブルドッグの「うちの子に限って」はないんだって事を実感。
疾患の多い犬種という事は100も承知で飼ったのですが、どこかで「うちのこんちゃんに限って」と思っていたのは事実・・・
まだまだ油断は出来ませんが、少しずつ痛みもとれて来ているようなので様子を見ていきたいと思っています。せっかく良い季節になったのに、お散歩も公園も暫くはNGです。ゴメンね・・・
膿皮症の事でナーバスになっていた最近だったので、吐きそうな2日間でしたが、犬を飼うという事やこんちゃんが楽しく健康に暮らせる事について、改めて考える良い機会になりました。
地上の全ては命があってこそ。こんちゃんには色々教えられます。
フレンチブルドッグひろば
by home_girl | 2012-10-08 16:30