ブログトップ | ログイン

きょうのこげ

こげのホゲホゲ日記


by home_girl
画像一覧

こんちゃんと膿皮症。

d0195731_11565337.jpg

ボディーがバンビちゃん(ハゲっちょが出来ている事)なこんちゃん。
本犬は痒がらないしとっても元気だしいつもと変わりないのですが、飼主的には気になるよね・・・
そんな訳で通院中。
フレンチブルドッグひろば



こんちゃん、2歳くらいから通年ポツポツに悩まされています。
2歳までは夏のみの発症で冬になると綺麗になってくれていたのですが・・・

そんな訳でこんちゃんの膿皮症、今年は皮膚専門医に診てもらう事にしました〜。
今は抗生物質とノルバサンサージカルで週2のシャンプー、そして食事制限しています。
食事内容は[馬肉or鹿肉]+[かぼちゃorさつまいも]+[キャベツor白菜orレタス]。
栄養バランス的には・・・な所もあるけど、とにかくアレルギー検査で陽性と出ていない物にも反応しているかもしれないから”ポツポツの出る原因(可能性)を探る”を優先にしましょうとの事でした。

食事の他に気を付ける点は毛流れに沿う事。
短毛種は毛が太い事もあり、(肌の弱い子は特に)犬の毛穴の構造上、逆毛で触ったり、何かとの強い摩擦(マット&床等)で毛が毛穴の中で折れてしまったり、毛穴周辺が炎症をおこしてしまう事もあるそう。
なので、シャンプーは優しく優しく、すすぎは低温のお湯もしくは水で、そしてタオルドライのみ。タオルドライもゴシゴシはダメ。
シャンプーは今までと変わらないけれど、タオルドライの時はゴシゴシしてたかも・汗。
言われてみれば、昔ブラッシングした後やトリミングに出した後等、ポツポツが出ていた事もあった気がする・・・今はブラッシングは殆どしないし、トリマーさんも細かい方だから大丈夫だけど。
デリケートなんだね・・・

まだ1週間も経っていないので何とも言えませんが、今年はどんな感じになることやら。
症状が少しでも軽いと良いのですがぁ。
時間はかかりそうなので、気長に頑張れたら良いな〜と思っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Sの嘆キッスぼやキッス

今までの治療は夏は抗生物質&ノルバサン、冬はシャンプー(ノルバサンor普通のやつ)のみ。
だけど、抗生物質を飲ませても治らないし、長く飲ませ続けると飼主の気持ちが色々な意味で非常にモヤるわけで・・・毎年その繰り返し。どの病院でも治療はほぼ同じ。

リビングに敷き詰めたタイルカーペットもダニがいるんじゃぁないか(それが原因なんじゃぁないか)、と外してみたり、外したら外したで腰に負担がかかるんじゃぁないかと心配したり・笑。
原因がハッキリしないので、色んな事を考える訳です。
甘やかし過ぎと言う人もいるかもしれないけど、皮膚が弱い子の飼主さんはきっとみんなこんな感じじゃぁないでしょうか〜。どうかしらん???
食事は2歳頃からドライフードを止めて手作りに。手作りにしたら治るかも!の淡い期待は時間が経つに連れ何処へやら・・・トホホ。
昨年はお値段の割には確実ではないと言われているアレルギー検査(IgEとリンパ球)を自主的にし、陽性は牛肉と豚肉(リンパ球でのみ)だけ。
ダニとかノミとか雑草とか出ると思ってたのに・・・カーペットも外したのに(涙)な結果に。
で、その後暫くはお肉(鶏)を止めてお魚にしていたけど完治せず。
アレルギー検査・・・目安にはなったけど・・・
って、今の先生もその結果を見て治療方針を決めている部分もあるので、やって良かったってことか・笑。

あ〜ん、こんちゃんの膿皮症が少しでも良くなりますように!!


by home_girl | 2014-05-20 12:02